ホーム>What's NEW>ツーリング情報>プレストカフェ&伊豆修善寺ツーリングに行ってきました

ツーリング情報プレストカフェ&伊豆修善寺ツーリングに行ってきました。

プレストカフェ&伊豆修善寺ツーリングに行ってきました

2014/04/08[ツーリング情報]

20140406_1.jpg

 

4月6日は久し振りのオンロードツーリングで伊豆方面へ行ってきました。

当日は大観山でプレストカフェも企画されていましたので、現地の情報を取りながらYSP相模原中央を7:30ごろ出かける事としました。

前日より日曜日は相模原市の天気予報で9時と18時に雨の確立が高くなっていましたが、箱根方面は幸いにも一日中晴れマークの予報でしたので、念の為にパンツだけレインウエアーを着用しての出発となりました。

 

圏央道の相模原・愛川ICから東名高速・中井PAへ向かい、4名の方と合流し総勢10名のツーリング!!

中井PAで集合の図

20140406_2.jpg 20140406_3.jpg

 

大井松田ICを降りて足柄峠へ向かいます。休憩場所は何時もの「誓いの丘」ですが、正面にそびえ立つ筈の富士山は雲に隠れて、拝顔は叶わず残念でした。

御殿場で給油を終えて晴れ渡った芦ノ湖スカイラインを経由して、プレストカフェの開催地、大観山へ向かった。

プレストカフェでは2014年式のXT1200ZEのリニューアルされた電子制御サスペンションやトラクションコントロールの機能に大きな進化を遂げ、スクリーンの高さ調整も簡便になった。

XJ6ABSではカドワキコーティング施工の桜色のプレストオリジナルカラー車の展示と、パウダーコーティングの強靭さを実演を交えて説明されていました。YSP相模原中央でもお客様のご要望にお応えすべく準備を進めていますので、カスタムペイントのご相談もお気軽にご相談ください。近日中に、パンフレットなどが届く予定です。

 

下取りを高く取ってくれたら、新しいのに入れ替えようかな〜なんてお客様もチラホラ・・・

 

小一時間のニューモデル談議を終えて、修善寺のウナギ屋さん「柳光亭」へ・・・

昼のピーク時刻を過ぎていましたので、ほとんど貸しきり状態でしたね\^O^/

20140406_4.jpg 20140406_5.jpg

ふわふわの鰻丼は意味でした!

皆さん一言も口を開かず、一心不乱に味わっているご様子ですね。

 

食事を終えた頃、入ってきた情報

20140406_6.jpg

ほんの一時間ほど前にここに居たんだ?!

天候が急変したので、急遽イベントを終了したとの情報でした!

 

大観山の朝の様子と降雪前の様子

20140406_8.jpg 20140406_7.jpg

 

帰路のルートを打ち合わせの後、大仁南から修善寺道路へ入り伊豆中央道へ。

いちごプラザ「大福や」のいちご大福を家族のお土産に購入し、ソフトクリームは「いちごミックス」を食す。暫しの休憩となりましたが、ぽつぽつと雨が落ちてきましたので上着もレインウエアーを着用して出発。

江間トンネルを抜けると本格的な雨・雨・雨・・・東名高速に合流するころには雨を通り抜けた。

足柄PAで暫く休息している間には陽も差してきた。

ここからは流れ解散とし、我々6人は大井松田ICで一般道へ降りて相模原への帰路となりました。

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 

さて、MT-09 ABSでのツーリングの目的は勿論、脅威のスペックを攻略して如何に楽しむかを探り出すことにありました。

ワイドなハンドルはオフロードバイクのそれに似ている。一般道の低速域ではリーンアウトで軽快なハンドリングを得るが、中速で足柄峠の様なワインディングではハンドルの切れ込み感がやや強く、スピードやバンク角と体重移動のマッチングを得ることに試行錯誤を繰り返した。

芦ノ湖スカイラインや伊豆スカイラインでは大きくリーンインとイン側ステップへ体重を乗せ、バンク角を浅く取ったときの方がイメージ通りのセルフステアを得られる様に感じた。

エンジンの特性は前評判の通り、Aモードでは「過激!」、STDモードでも「想定以上」、Bモードでやっとリラックスしてスロットルを開くことが出来る!

初めてMT-09に乗車される方は心して掛かられる事をお奨めします!!

併せて、前後のブレーキも想定以上の制動力がセットされているが、この車両の特徴である「クロスプレーンコンセプト」は前進する為の合成トルクを最大限に引き出し、慣性トルクを最小に抑えるところにあると思われる。この為か?エンジンブレーキの掛かり具合が極めて穏やかに感じた。

こうなると、加速はエンジンが担当、減速は前後のブレーキが担当すると考えれば納得だ!!5速ギアから2つ落として3速ギアを選んだ筈なのにエンジンブレーキはほとんど掛からないと言って過言ではないと感じた。

開発者インタビューはこちら

午前中のライディングで得たMT09コントロール

☆ 低速ではリーンアウトで軽快なハンドリング

☆ 中速から高速はリーンインとしっかりイン側への体重移動

☆ 加速はエンジンのトルクに任せる

☆ 減速は前後のブレーキをシビアにコントロールする

サスペンションはオフロードバイクにも似たソフトさを感じ、新しいヤマハモーターサイクルを実感した。

YZF−R1とも違う、WR250Xとも違う、FZ1Fazerとも違う。ニューコンセプト!!!

 

燃費に関して

燃料タンク容量 : 14.0L

今回のツーリングで走行した距離 : 285.4km

補給した燃料の量 : 13.94L

平均燃費 : 20.47km/L

 

最初の補給地点での走行距離 : 207km

207km走行後の給油量 : 10.4L

平均燃費 : 19.90km/L

207kmの内訳

YSP相模原中央 −> 圏央道・相模原愛川 −>東名高速 −> 大井松田IC −>足柄峠 −> 御殿場 −>芦ノ湖スカイライン −> 大観山 −> 伊豆スカイライン −> 亀石峠IC −> 大仁 −> 修善寺道路 −> 伊豆中央道 −>東名高速 −> 足柄PA

 

YSP相模原中央の店頭には試乗車をご用意していますので、是非ご自身の肌で感じてください!

MT-09の詳しい情報はこちら

今回の伊豆ツーリングへご参加の方々、ありがとうございます。

DUKE390(U松さん)、WR450Fモタード(N村さん)、WR250Rモタード(F越さん)、WR250R(O田さん)、XT1200Z(T田さん)、FZ8Fazer(K代さん)、BT1100(Hわさん)、SEROW250(Kめさん)、MAJESTY-S(I上さん)、MT09A(瀬谷)、以上10名

途中天候が崩れましたが、怪我も無く楽しいツーリングを堪能しました。

次回は皆様もご一緒いただきますよう、お願いします。

 

前の記事次の記事

メニューMENU

Back number

  • スタッフ募集中 技術を身につけ、独立を目指す方大歓迎
  • YSP相模原中央Twitter
  • 代表 瀬谷秀人のフェイスブック
PAGE TOP