ホーム>What's NEW>ツーリング情報>真夏のツーリング 2014-08-03

ツーリング情報真夏のツーリング 2014-08-03。

真夏のツーリング 2014-08-03

2014/08/07[ツーリング情報]

2014年8月3日 午前7時30分 集合

7時頃からチラホラトと集結、定刻に遅れる数人を待つ。

さあ、出発!

1.jpg

千葉県柏市から参加のSR400さんと運良く合流できた。
2.jpg

目的地、日原鍾乳洞へ到着
外気温は30℃を超えて、茹だるような暑さ
3.jpg 4.jpg

鍾乳洞へ入ると気温は10℃、湿度は90%
冷気の中でも階段の上り下りでの運動は、不快指数が上昇する。
5.JPG 6.JPG 7.JPG 8.JPG

昼食は、奥多摩湖レストセンター「丸井亭」

11.JPG 15.jpg

注文した食事が用意されるまで暫くの時間をまったりと過ごす。

12.jpg 13.JPG 14.JPG

参加者14名のお気に入りバイク

16.JPG 17.JPG 18.JPG 19.JPG 20.JPG 21.JPG 22.JPG 23.JPG 24.JPG 25.JPG 26.JPG 27.JPG 28.JPG 29.JPG

試乗を兼ねて繰り出した「MT-07 ABS」

30.jpg 31.jpg 32.jpg 33.jpg 34.jpg 35.jpg

MT-07 ABSの試乗

エンジン回転数が3000rpmを超えていれば、スロットルグリップをひねるだけで思い通りの加速が得られ、渋滞路もワインディングも全くストレスを感じない。

開けた直線を強引に加速しても、タコメーターの数値は6000rpmまで回せば何の不足もない。直線的な出力特性を達成しているのだろう。9000rpmの最高出力時回転数まで使うには限られた状況と、それなりのライディングスキルが求められるのだ。

トップギヤ6速でも2500rpmも回っていれば、穏やかなスロットルONで鼓動感を伴い十分加速する低速トルクは「マスターオブトルク」の名にふさわしい。

じゃじゃ馬のようなMT-09の性能に対して、初心者からベテランまでライダーを受け入れるリニア菜特性はハンドリングまで含めて、このMT-07に軍配を上げたい。

名車XS-1(650cc)の体感が蘇える、すばらしいバイクだ!

MT-07の性能をターボチャージャーを装備したXS-1とイメージすれば納得かな?

XS-1.jpg TX650.jpg

奥多摩湖から道志みち

「道の駅どうし」でまったりとした時間を過ごす

36.jpg 37.jpg 38.jpg

ここで、一次解散、7名が家族の待つ棲家へ

残り7名は何時もの「和食はなや」にて夕食を摂りながら各々の思いを語り、解散した。

39.jpg 40.JPG 41.jpg

今回はまったりオンロードツーリングを目指し、初参加の方や初心者も参加して下さり、緊張感の少ないツーリングでしたが、いい感じに楽しめました。

ご参加の皆様、ありがとうございました。

次回は9月7日にオフロードツーリングを予定しています。

林道ツーリングの経験がない方にも楽しめるようフォローしますのでご参加くださいね。

前の記事次の記事

メニューMENU

Back number

  • スタッフ募集中 技術を身につけ、独立を目指す方大歓迎
  • YSP相模原中央Twitter
  • 代表 瀬谷秀人のフェイスブック
PAGE TOP